INTERVIEW -Kawaguchi-

INTERVIEW ジー・プランで働く人の想い
  • メディア開発エンジニア J.Kawaguchi ソフトウェアハウスで7年の経験を積み、ジー・プランに入社。
    開発者およびリーダーとして、メディア系の開発に従事。新卒教育・後輩育成も行う。
    スーパー銭湯に行くのが大好き。

とにかく自分の手でみんなが使ってくれるサービスを作りたかった

これまでのキャリアを教えてください。

学生時代、実は商船工学科という「船のエンジニア」を育てるところにいたんですよ。 今とは全然関係ないけど。(笑)
途中まで、そちらの道もありかなって思ってたんですけど、中学生の頃からプログラマーになりたかったという夢もあり、商船工学科は辞めてしまいました。 就職のタイミングでは、すぐにはIT系の企業に入れず、おしぼり屋さんに就職しました。 これも今とはまったく関係ない。(笑)
そのあと腰を悪くしちゃっておしぼり屋さんを辞めたんですが、「未経験者でもエンジニアになれます!」っていう触れ込みの会社の広告を見て、入社試験を受け念願のIT企業に入ることができました。

朝から晩までみっちり2か月間のトレーニングを受けてエンジニアのスタートを切ることができたんですが、最初に所属した会社は、色々な企業に人材を派遣し売り上げを立てる会社だったんで、通信系の企業でテスターや運用保守をしたり、SIerでセキュリティーのパッケージのプリセールス(提案~導入~運用・保守)をしたりなど、幅広くやっていましたね。 でも全然コーディングはさせてもらえなくて。。。 「やっぱりコードが書きたい!」という思いが強くて、当時の会社の社長に直談判。半ば強引にコーディングができる案件に入れてもらいました。
トラベル系の案件で、そこが初めてのwebサービス案件でした。その時webサービスがすごく好きになりましたね。 2年弱、その案件で働いた後もweb系の開発がやりたかったんですけど、 景気が悪いタイミングだったので金融系のSIの仕事しかできなかったんです。

それでも自分たちでwebサービスを作りたいという気持ちが強く、 2年金融で働いた後に、意を決しジー・プランに入社しました。
入社してからは開発を中心にしつつ、開発と企画を兼任させてもらっている時もあり、その頃に、今やジー・プランの主要サービスの一つと言えるほどに成長したGランキングを作ることになりました。

その後、事業部側のユニットリーダーをやらせてもらえることになったんですが、着任してすぐ家庭の事情でしばらくリモートワークをすることになり、復帰した今年度からまたメディア開発のエンジニアとして動いています。 今はメディア開発チームのリーダーとして後輩の育成に力を注いでいますね。

挑戦しやすい風土、幅広いサービス開発ができる魅力

ジー・プランを選んだ理由を教えてください。

サービスの幅の広さかな。トラベルもあるしEC系、ゲームなどその他諸々ありますね。 これだけサービスが多岐に渡っていて、さらに自分たちで作っていける!ってところが良かったですね。 ジー・プランと同規模の会社だと事業を一つに絞っている企業が多いんですけど、ジー・プランだといろんなものが触れる、いろんなものが作れる。 新規事業もどんどん増やしていこうという流れもありその点もよかったです。

ジー・プランの好きなところを教えてください。

自由度の高さ。 このフレームワークを使ってみたいとか、このツールを入れてみたいとか、 この技術を試してみたいとか。 自分が手を挙げれば、何でもやらせてもらえるところが魅力ですね。 これは大企業では中々実現できない。 それに加えて、ジー・プランはビッグローブ、KDDIのグループ企業ということもあり、小規模の会社にも関わらず、大きな会社のグループ会社であるという相反した強みもありますね。

また、社員同士の仲が良く、とても仕事しやすいです。 そのおかげもあり新しく入ってきたメンバーが戦力になるのも早いんですよね。 会社としても、積極的にコミュニケーションをとることをサポートしてくれるので、その点も大きいと思っています。

考え方の変化 育成の道へ

働き始めて最大の困難は何ですか?それはどのようにして乗り越えましたか?

エンジニアとしては、SIer時代が一番きつかった。ずっとコーディングをしたかったんだけどままならず、プリセールスの仕事までやっていたので。。。 ただ、すごくきつかったんですけど、色んな経験をさせてもらいました。 例えばビックサイトで行われている大規模イベントでブースをだしてそこでプレゼンする機会をもらえたりとか、お客さまへ提案の機会をもらったりとか。コストの意識をしっかりつけることができた等、SI時代に培ったことは数知れず。 そこで得たスキルは今の自分にとってすごくプラスになっています。 開発だけやっているだけでは分からない感覚とかもあったりするので。

今は後輩の育成指導や、働きやすい環境を作ったりするのが楽しいですね。大変ですが。 新卒含めて新しいメンバーがどんどん増えていて、彼らを育成する。育成したメンバーが新しいものを作り出していくという循環をちゃんと作り出せているのが面白い。 以前は自分が手を動かしてモノを作るのが一番好きだったんですけど、 ある時、自分が育てた後輩たちが人を喜ばせるようなサービスを作ったら、それは自分が生み出したのと同価値なんじゃないかという考えに変わりました。この変化もある意味自分が成長したからかもしれないですね。この考えに変わってからは、以前にも増して、後輩を教育するのが好きになりました。

エンジニア組織を大きくするために今できることを

今後実現していきたいことは何ですか?

エンジニアの組織規模を大きくしていきたいですね。 理想は会社の半分くらいがエンジニア。 そのためには教育ができる人・チームを牽引できる人をどんどん増やしていこうと思います。 教育ができるレベルの人、次のリーダーとなれる人財を。

自分たちで自分たちの未来を作っていこうとする、そういう人間と一緒に働きたい

どんな人と一緒に働きたいですか?

生きることに対してやる気がある人。そこが基本だと思います そういう人は真剣だし、目標を持っています。 漠然としているかもしれないけど、5年後、10年後に自分はこういう状況になっていたい、じゃあ今のうちにスキルが身についてないといけないよね、こんなことができてないといけないよね、どういうポジションについてないといけないよね、っていう目標がある。 そういう人たちには是非ジー・プランをお勧めしたい。ジー・プランなら自分たちで自分たちの未来を作ることができると思う。今後、自分たちの手で自分たちのためのよい環境を作っていきたいですね!

やらせてくださいを待っています、失敗したっていいんだよ

学生へのメッセージをお願いします。

ジー・プランはチャレンジしたい人を受け入れてくれる会社なので、他社では経験できないこともできます。 やりたいって思ったことはやらせてくれるので、あとはそれを言えるかどうか。 「おれに、私にやらせてください!!」を待ってます。

失敗したっていいんだから!

どんな未来を創るかは、あなた次第

Copyright 2019 G.plan採用ページ