INTERVIEW -Kamogawa-

INTERVIEW
  • 取締役 Hiroshi Kamogawa 大学卒業後、1987年に国際電信電話株式会社(KDD/現・KDDI)入社。国際電話のオペレーター業務に従事した後、福岡支店に転勤、法人営業を担当。1年半勤務した後、ドイツ・デュッセルドルフ駐在事務所に転勤。2年間勤務した後、本社勤務となり国際海底ケーブルの企画を始め、様々な部署で経験を積む。2017年1月、KDDIがジー・プラン株式会社の親会社であるビッグローブ株式会社を買収したことを受けて、2017年1月に、ジー・プラン株式会社の代表取締役社長に就任。2018年4月、ビッグローブ株式会社の経営体制の変更に伴い、代表取締役社長を退任するも、取締役として引き続きジー・プランの経営に関わる。

就活生からの質問に答えました

ジー・プランの魅力を教えてください。

いくつかありますが、何と言っても歴史があることです。 当社は2001年の創業以来、「ポイントのビジネスは将来必ず大きくなる」、「ポイントに流通性を持たせれば、第二の通貨になる」と、一貫してポイントビジネスを続けていることが非常に素晴らしいです。 17年間も続く会社は少ないですから、このように長く続けられていることも素晴らしいことです。

また、社員が明るくフレンドリーであることが非常に魅力的だと思います。 ビジネスそのものについては、日々良いことも悪いこともありますが、優秀な社員が揃っていることと一貫したビジネスへのこだわり、そして努力を続けたことで、今大きく花が開こうとしているタイミングになっております。

今の就活生の皆さんが入社して数年以内には、大きな花が咲くタイミングになるのではないかと思います。 何か一つ強い芯を持ち、新しいことを入れながらもこれだけは必ず守る、そのようにして数百年もの間続いている、という京都の文化や会社のようであることが、当社の最大の魅力ではないかと思います。

ジー・プランの新卒社員にはどのような考え方を求められますか?

就職が決まった方に、入社までに何をすればいいかよく聞かれますが、私はいつも「何もしなくていい」、と伝えます。 会社に入り社会に出ると、自分で自分の時間を自由に使えるということは、これから当面難しくなってしまいます。

会社に入り仕事をするということは「プロ」になるということです。 「プロ」は誰かからお金を頂くことになりますので、その関係が非常に重要になります。 これが、いわゆる契約社会です。 アメリカだけではなく、今は日本も契約社会です。

これから皆さんは、その契約社会に身を投じていくことになりますが、契約が無い学生時代は、人生においてとても大事な時期になりますので、自分のために時間を使うことを心掛けて欲しいと思います。 受験勉強と違って、何か絶対にやらなければならないということは一切考えず、自分の好きなことをして頂きたいと思います。

ジー・プランの社員にはどのような能力が求められますか?

能力は持って生まれたモノなので、飛躍的にストレッチするのは非常に難しいと思います。 だからと言って努力するな、努力は無駄だ、ということではありません。 自分が成長できることが、人と一緒とは限りません。 例えば、ある人をベンチマークして、「あの人のようになりたい」と思った時に、ビジネスでよく言う「あるべき姿」がその人であれば、自分とのギャップが見付かると思います。 そのギャップが課題ということです。

その課題を潰していくと、自分が成長してゆくゆくはあるべき姿に到達するのです。 持って生まれた能力、学生時代に自然と身に付いた能力など、色々な能力を持って来てもらって、ベンチマークした先輩にキャッチアップすることができれば、どんな人でも一流であり、独り立ちできるということが私の持論です。

よく人の真似をするとその人は超えられないと言いますが、私は違うと感じています。 努力をするということだけで、具体性が無いと人間は成長しないと思っています。 会社で言うところのKPIを少しずつ達成すれば、必然的にゴールに辿り着くのです。 これを毎日追うことで、どこに、どのような問題点があるかがすぐに分かります。 このように具体的な目標を持つこと、ベンチマークすることが非常に重要だということは、私の長年に渡るビジネスマンとしての経験で言えることです。

別の言い方をすると、マイルストーンを置くとも言います。 人生も同じでマイルストーンを置くと分かりやすいです。 1つずつマイルストーンを置いていくことで、1年ずつマイルストーンの年齢に近づいてきた時に、自分は何をしなければならないかが分かりやすいはずです。 可能な限り目標を具体的に持つことが非常に重要です。

新卒時にどのような目標とマイルストーンを置いていましたか?

私が新卒の頃は、バブルになりかけの高度成長期真っ只中の「ジャパン・アズ・ナンバーワン」という時代で、日本がこのまま世界を席巻するという雰囲気が社会全体でありました。 私は九州の大学に通っていましたが、卒業したら東京の国際性のある企業に就職することを心に決めていました。

今はグローバルになり様々な企業がありますが、当時は海外でビジネスをしていた業態は商社ぐらいでした。 商社に就職するのだろうと思っていましたが、国際電信電話という今のKDDIの前身会社との出会いがありました。 当時、海外へ電話をする場合、国際通信を独占していたKDDのサービスを利用しないと電話をかけることができませんでした。 国内通信はNTT、国際通信はKDDというように分かれていたのです。 今からは想像もできないと思いますが、国際電話はほとんどの場合直通でかけられず交換手を介していた時代です。

会社の規模は全く気にしておらず、とにかく国際的なビジネスに関わりたいという気持ちが強くありました。 グローバルで隅々までネットワークがあって、様々な所とコミュニケーションできると思いKDDに入社しました。

入社時に、「27、28歳で海外勤務をしたい」、「30歳で1人前になり仕事を任されるようになりたい」、という マイルストーンを置きました。 実際26、27歳でドイツに駐在することができ、 30歳で結婚しある程度仕事も任されるようになり、入社時に置いたマイルストーン通りに進めることができました。

私も皆さんと同じ年齢の頃が当然ありました。 それから自分自身が成長しているからこそ、今このような話ができていると思っています。 成長する過程で様々なことがありましたが、当時は働き方改革という考えは皆無で、現在と比較すると劣悪な労働環境でした。 確かにあの時代の働き方では身体を壊すと思いますので、世の中で働き方改革が進むことはいいことだと思います。

そのような時代でしたので、とにかくメリハリを大事にして、仕事をする時はとことん仕事する、遊ぶ時もとことん遊ぶようにしていました。 経営者となった今、社員の健康が心配ですし、ブラック企業とは絶対言われたくありませんので、私の経験を押し付ける気は全くありません。 自分のスタイルで仕事も遊びも取り組んで欲しい、メリハリを持って欲しいと思います。

ジー・プランには新しいことにチャレンジする社風がありますが、そのための環境作りで心掛けていることを教えてください。

私自身がチャレンシジしてきた経験を持っていて、人生は1勝9敗だと思っています。 新しいことというのは、聞こえはいいですが、当たる可能性はそう高くありません。 重要なことは、1回失敗しただけでへこたれないことです。

10回真面目にやれば1回は当たる、その1回があったから私は今生きていられています。 会社に貢献するにしても人生においても、10戦10勝の人生はあり得ません。 そこはへこたれないでやって欲しいと思います。 新しいことへチャレンジしなければ、1勝9敗の経験もできませんので、積極的にチャレンジしてください。

そして、失敗は若い時にしておいた方が絶対にいいです。 責任のある立場になった時に、若い時の失敗経験が無いと、軌道修正を任された時に目利きできません。 そうなると、場合によっては会社の存続にインパクトを与える程のダメージになるかもしれません。

ですから、チャレンジは積極的に、失敗は若い時にとよく言っています。 ただし、いいかげんな発想は絶対にしてはなりません。 なぜかと言うと、関わっている人の人生をメチャクチャにする可能性があるからです。 一生懸命やれば、周囲の人が必ず協力してくれます。 会社のお金やリソースを使うのですから、やるからにはちゃんとやる、それがマストです。

色々な人が働きやすい環境作りで心掛けていることを教えてください

おめでたいことに、4月以降社員が続々と産休に入ります。 産休は復帰が前提ですが、また戻って来たいと思う仕事や環境がありますので、復帰率はこれまで100%です。

経営者としては優秀な社員が産休に入ると困りますが、そこで発揮されるチームワークや新たな社員の台頭など、私たちの会社には沢山の魅力があると再認識できますので有り難いと思います。

他の働きやすい制度は、詳しくは是非本サイトの働く文化・環境の項目をご覧ください。 様々な制度を活用して長く働いて欲しいと思っていますので、そのためにはこれからも制度設計を惜しみません。

最後に就活生に向けてメッセージをお願いします。

これから就職活動が本格化すると思いますが、健康に気を付けて、固定観念にとらわれず、様々な会社の話を聞いて、その中で興味を持った会社に決めればいいと思います。 社会人になると中々時間が取れないので、内定後は自分の時間を過してください。 ジー・プランに入社しても絶対損はさせませんので、候補の1社として考えて頂けると嬉しいです。 一緒に働ける日を楽しみにしています!

社員も知らない知られざるプライベート

プライベートについてお聞きします。休日の過ごし方を教えてください。

基本的に体を動かします。 昔はバレーボールでしたが、それがゴルフに変わり、今はスポーツクラブでエクササイズがメインになっています。 あと、朝の過ごし方に特徴がありまして、必ず自分でコーヒーを淹れます。 これにより、今日は休日だと自分自身に思わせます。 コーヒーは飲むものではなくて嗅ぐものと言われますが、自分で挽くことでオンオフの切り替えをしています。

好きな言葉を教えてください。

質実剛健です。 私の通っていた高校は、学生自治が認められており、校則も無いですし、学生手帳もありませんでした。 言われたのはたった1つだけ、「 人に迷惑を掛けないこと 」でした。 その高校の入学式の時、式場に大きく掲げられていた言葉、それが「 質実剛健 」でした。 この質実剛健 の校風が、私のその後の人生を作ったと言っても過言ではありません。

好きな食べ物を教えてください。

トマトです。 日本で一番のトマト好きの一人と自負しています。 多い日は、1日でトマトを10個食べて、さらにトマトジュースを1リットル飲んだ事もありました。 私の体はリコピンでできていると思っています! 朝は必ず食べますので、たまにそのトマトを妻と一緒に買いに行き、私が選ぶこともあります。

Gポイント以外で貯めているポイントで一番多いポイントを教えてください。

JALマイレージです。 Gポイントが貯まったらJALマイレージに変えています。

年収を教えてください。

みんなが夢を持てる位の金額ですよ! でも、もうちょっと欲しいですね(笑)

どんな未来を創るかは、あなた次第

Copyright 2019 G.plan採用ページ