INTERVIEW -Sawaguchi-

INTERVIEW ジー・プラン内定者の想い
  • 2017年入社予定 S.Sawaguchi 2017年入社予定。
    プライベートでは筋トレにハマっている。
    好きな言葉は「人間は負けたら終わりなのではない」

面白いと思うことにはチャレンジせずにはいられないタイプ

どのような学生でしたか?

中学の時はカヌー競技に明け暮れていて、生活の中心がカヌーという毎日でした。
高校になってカヌーを引退してから化学の面白さにはまり、化学系の専門書を読み漁ったり、実際に試せそうなものは実験をしてみたりと、いわゆる化学少年でありました。
大学では株などの投資という分野を知り、自ら投資手法を考えて投資を行うことに夢中になっていたりもしています。
興味の対象が幅広かったですが、面白いと思うことにはチャレンジせずにはいられないタイプの学生でした。

「人間は負けたら終わりなのではない」

どのような就活をしてきたか教えてください。

就活開始当初、自分の好きな分野が複数あったので、それぞれの分野ごとに魅力的な会社をピックアップしていきました。基本的にはリクナビやマイナビなどの大手就活サイトに登録し、会社を探していきましたが、IT系の会社については色々な就活サイトや就活イベントが多かったので、そちらにも積極的に参加しました。
プログラミング能力を図る問題を出しているサイトがあり、回答率に応じ能力に見合う就職先を絞り込んでくれるサービスも利用しました。

就活を成功させる上で、工夫したことがあれば教えてください。

ある会社の面接で、一次・二次面接では手応えもあり好評を得ることができましたが、三次面接で酷評されてしまったということがありました。会社が求めているものとして掲げられているものはありますが、それぞれの面接官によってどういった考え方を良いと取るかは当然異なります。そこを読み切れなかったことがその面接で失敗した一番の原因であったと今では考えています。

アピールする内容や質問に対しての回答を準備し過ぎると、臨機応変に対応できず同じ失敗を繰り返すと思いましたので、面接では話す言葉を決めていかないというスタイルで臨むようになりました。
作り込んだ言葉で話すよりも、その場で感じた正直な気持ちを話すことが、相手に良い印象を与えやすいということもあり、自分らしく就活をするベストなスタイルを確立することができました。

結果的に失敗から得たヒントを成功に結びつけられたことは、とても大きな自信になりました。
「人間は負けたら終わりなのではない」
社会人になってもこの経験は必ず活かせると思いますので、失敗を恐れることなく、全力で仕事をしていけると思っています。

就活で大切なのは、自分をしっかり理解すること

就活を通じて学んだことを教えてください。

就活を通じ、相手に自分の良さを売り込む難しさを感じました。自分の能力を過大評価せず、かといって過小評価もせず、適切な評価で相手に自らの魅力を見せるためには、自分のことをしっかりと観察し、理解している必要があります。そういった意味で今回の就活では自分のことを再度適切な評価で見直すことの大事さを特に学んだと感じています。

理想の会社に巡り会えた

ジー・プランを選んだ決め手を教えてください。

最終的には、最も興味を惹かれたITか経済という分野に絞り会社を探しましたが、学生時代のように面白いと思うことにはチャレンジしたいという気持があり、2つの分野に関われる仕事を探していたところ、ジー・プランに出会いました。

ジー・プランでは、ポイントサービスのシステム作成などといった面ではIT分野として、ポイントの活用法や仕組みを考えるといった面では経済分野として関わることができると思いましたので、自分の理想的な会社だと確信し、入社を決めました。

ズバリ、野望を教えてください。

私の野望は多趣味で多芸な人間になることです。興味の範囲が広いタイプであるというお話をさせていただいたかと思いますが、まだまだ挑戦したことのない世界は数えきれないほどあります。
今回、ジープランではIT系の人間としてプログラミングの仕事をすることになりましたので、まずはプログラムを手足のように扱いきれるようになれれば思っています。

就活は「いろいろ体験できるチャンス」

最後に就活生へのメッセージをお願いします。

就活は自身を売り込むという今までにあまりない機会かと思います。行きたい会社に行くことももちろん大事ですが就活は人生で幾度とないイベントです。折角なので色々な体験をし、学べることを楽しめられればいいと思います。
また、会社を選ぶ基準というのは人それぞれあるかと思いますが、人生の内の長い期間、仕事をしていく上で楽しく仕事をやっていける環境というのはとても大切です。就活生の皆さんもぜひ良い就活ライフとなるよう応援しています。

どんな未来を創るかは、あなた次第

Copyright 2018 Gplan新卒採用ページ